投稿日:

相続税の申告期限の注意点

相続税

・相続税は正しく申告しなければならない
遺産相続をする際にはいろいろなことに注意しなければなりませんが、中でもよくあるトラブルのひとつに相続税の申告に関することがあげられます。
相続税は遺産相続した財産に対してかかってくる税金で、すべての法定相続人が対象になるわけではありませんが、一定の条件を満たしてしまっている場合は納めなければなりません。
したがってこれから遺産相続を控えている人はまず自分が相続税の対象になっているかどうかをチェックしなければなりませんし、万が一対象になっていることが分かれば納税に向けての手続きを進めていかなければなりません。
たとえば親が亡くなったあとに財産を相続する場合、その子供はおそらく法定相続人として財産を引き継ぐことになりますのでしっかり準備しておいてください。
それでは相続税を正しく申告するうえで知っておかなければならないことにはどんなことがあるでしょうか?
これはまず相続税の申告期限で、相続税は被相続人が亡くなってから10カ月以内に納めるようになっていて、それを過ぎてしまうとペナルティで延滞税を徴収されてしまいます。
遺産相続は被相続人が亡くなったその日からスタートしますので、その日から数えて10カ月以内になりますから覚えておいてください。
また、相続税の計算方法についても知っておかなければなりませんから、調べておきましょう。

・相続税の計算方法を知りたい
次に相続税の計算方法について説明していきますが、まず相続税の計算をする前に遺産相続の対象になる財産について説明していきたいと思います。
これはプラスの財産とマイナスの財産があって、プラスの財産とは文字通り相続人にとって財産となるものが該当し、現金や預貯金、不動産、株式などがあげられます。
マイナスの財産とは借金や未払い金といった相続人にとってマイナスになるものが該当します。
そしてプラスの財産からマイナスの財産を引き、その後相続税の基礎控除額を出して引いて出た部分が相続税の対象になります。
相続税の基礎控除額は3,000万円 + (600万円 × 法定相続人の数)で計算することができ、たとえば法定相続人が5人いる場合は3,000万円 + (600万円 × 5)になりますので基礎控除額は8,000万円になります。
プラスの財産からマイナスの財産を引いて出た金額が9,000万円の場合はそこから8,000万円を引き、残った1,000万円がそうぞくぜいの対象になる部分です。

投稿日:

相続税をアプリで計算

相続

・アプリで相続税額を計算できる?
相続税を計算するときにどうやればいいかわからない場合の方が多いでしょう。
このようなときは自分で計算方法を確認したり、税理士に計算を頼んだりといったことが基本ですが、最近ではアプリで計算するという方法もあります。
これはスマホなどで使えるもので、相続税の計算ができるのです。
税理士などには依頼せず、基本的に自分で計算して申告するつもりの方には頼もしいツールとなりますね。

このアプリを利用するときには相続税の計算に必要な条件を入力していきます。
たとえば相続税の対象になる遺産の金額は合計いくらあるのか、相続人は何人か、各相続人の続柄は何か、各人の相続割合はどれくらいかといったことです。
これら条件が確定しないと相続税の計算はできません。
これはアプリを使うときでも同様です。

しかしこれら基本的な計算条件が確定すれば、実際の計算はアプリがやってくれるのです。
各条件を入力していくと自動的に相続税の金額が計算されますから手間がありません。
計算間違いのリスクも減りますから申告間違いも起こりにくくなります。
基本的に自分で相続税の計算がしたい方には非常に便利なアプリとなります。

・アプリの入手方法
相続税額を計算できるというこのアプリの入手方法ですが、各スマホなどのアプリがダウンロードできるサイトから入手できます。
そちらで探してみるといいでしょう。
料金はアプリによりますが無料アプリも見つかります。
そちらならすぐにダウンロードとインストールが可能で、すぐに手持ちの端末で利用できます。
各アプリの利用方法はアプリごとに確認してください。
使用方法などはアプリによって変わります。
内容をよく確認し、問題ないことを確認してから利用するといいでしょう。

・アプリでの計算で問題は出ない?
実際に相続税を計算する必要がある方にとって気になるのはこのポイントですよね。
アプリが自動で計算してくれるのはいいのですが、計算間違いや内容の間違いなどは出ないのでしょうか?
これについてはもちろん間違いがでないように細心の注意が払われているアプリが多いものの、これらアプリは相続税の計算や申告に間違いが出ないことを保証するものではありません。

つまり各アプリの内容や評判をよく確認し、自分のケースでの相続税の計算に使えるかどうか、各ユーザーが自己責任で判断するのが基本です。
そのアプリを使って計算した相続税額が間違っていた場合でも補償などはないのが基本です。
アプリの使い方に自信が持てなかったり、相続税の申告にとにかく不備を出したくないときなど、税理士に相談するといいでしょう。

投稿日:

相続税に関する基礎控除について!計算方法や注意点、対策は?

相続税01

被相続人が亡くなり、遺産の総額によって相続税を納付しなければなりません。
しかし、これは全員が対象というわけではなく、遺産の総額がある一定の金額に満たない場合は課税対象とはならず、相続税の納付を行わなくてもいいとされています。
そこで、相続税の基礎控除について詳しく見ていきましょう。

・相続税の基礎控除とはいったい何のこと?
相続税に詳しくない人は、「基礎控除」と言われてもピンとこないでしょう。
基礎控除というのは被相続人が所有していた財産のうち、ある一定の金額までは相続税の申告を行う必要がないとされています。
一定額と言うのは3,000万円+600万円×相続人の人数を計算したものになります。
これにより、各家庭ごとに相続税の基礎控除が異なり、たくさんの相続税を納付しなければならない場合もあれば、基礎控除の枠で収まっていることで相続税を納付しなくてもいい場合もあります。
では、基礎控除の計算方法と相続税の申告に関する注意点について見ていきましょう。

・基礎控除の計算方法と相続税の申告に関する注意点!
被相続人が残した遺産の総額が基礎控除を超えてしまったときは、相続税の申告を行わなければなりません。
仮に、被相続人が残した遺産の総額が5,000万円、母と子供1人の場合は相続人が2人になるので、計算方法は3,000万円+600万円×2人=4,200万円が基礎控除となります。
被相続人が残した遺産の総額は5,000万円で、この場合は基礎控除を超えてしまっているため申告が必要となります。
申告が必要なのにもかかわらず、申告を行っていない場合は税金が余分にかかってしまったり、罰金が課せられてしまうこともあるので注意しましょう。
基礎控除を超えてしまう場合は、期限内に相続税の申告と納付をしなければなりません。

このように基礎控除というのは、遺産の総額がある一定の金額に満たない場合であれば相続税の申告・納付を行う必要はありません。
しかし、総額が基礎控除を超えてしまう場合は申告を行い、相続税の納付を行っていくことになります。
相続税を納付したくないという人は相続税対策を行い、課税対象にならないようにすることをおすすめします。
相続人の人数が多くて基礎控除が高く設定することが出来れば、そのぶん相続税の課税対象になる可能性が低くなります。
また、生前に対策を立てて財産をあらかじめ減らしておけば、基礎控除の枠で収まるようになり課税対象になるのを避けられるのではないかと考えられます。

投稿日:

相続税の保険受取人の注意点

相続

相続税において重要となってくるのが保険受取人です。
生命保険などに被相続人が加入していた場合、その配偶者や子供、孫などが保険受取人となります。
その場合、相続税などはどうなるのでしょうか。
実際に相続税の申告期限は10か月なのですが、その間にそれらの計算もしなくてはならないため、負担となることが多いです。
事実、相続税の計算方法は煩雑で、素人の方がいきなり計算しようと思っても、躓いてしまうことが多いです。
特に保険の受取人などはもちろん、相続の受取人によって支払う相続税というのは若干変わってきます。
配偶者や子供、孫の他にも場合によっては被相続人の両親や兄弟姉妹もいるでしょう。
そうなった場合は、さらに税金の計算も面倒となってくるでしょう。
基本的に 保険に関しては控除されるということもあって、節税や税金対策の面で活用している方もいます。
しかし、保険受取人になっていると、それらに関しても計算して求めておくことが必要となるのです。

基本的に相続税というのは、相続したものにかかる税金です。
そのため、具体的には土地や建物、現金など被相続人が遺したものとなっていきます。
それらの課税対象に対して、どのように保険が絡んでくるのかについても知っておくことは重要です。
ただ、被相続人が亡くなった後は死亡届を提出し、葬儀をおこない、さらには遺言書の検認や遺産分割協議なども必要となります。
正直なところ、それらの相続に関する手続きはかなり煩雑で、素人の方が対応するのは難しいことも多いです。
ただでさえ被相続人が亡くなったことでショックを受けているでしょうし、パニックになっているという方もいるでしょう。
そういう中で相続税の計算をするというのはなかなか骨が折れます。
必要な場合は、専門家の力を借りるようにしてください。
そうすることで、より楽しめるでしょう。

実際に近年は専門知識が豊富な税理士も沢山います。
そういう税理士を活用すると、それだけでも魅力は大きいと言えるのではないでしょうか。
実際に専門家には色々なことが相談できるので、わからないことがあれば聞いてみてください。
何かわからないまま申告して納税するのは大変です。
特に相続税は金額も大きくなることがあるため、しっかりと計算しないと損をすることもあるでしょう。
保険の受取人などはもちろん、普通に相続する場合にも専門家を活用してみてください。
それが重要となります。

投稿日:

相続税と贈与税の申告期限

相続税と贈与税は比較的近い関係にある税金です。
相続税対策に生前贈与を考えると、贈与税の対象になったりします。
そして故人がなくなった年から3年以内に行っていた贈与は、事実上の相続財産として、それは相続税の計算に含めるのが基本です。
このように相続税と贈与税は近い関係にあるのですが、その申告期限は大きく違います。
見落としやすいポイントですから、よく確認しておきましょう。
続きを読む 相続税と贈与税の申告期限

投稿日:

調停となったときの相続税の申告期限

遺産相続でもめているとき、相続人同士の話し合いだけではもうまとまらないと思ったら、まず調停を利用することになります。
これは家庭裁判所が間に入り、各相続人から話を聞き、資料なども確認しつつ、分割案について第三者が提案をするものです。
裁判の前段階の手続きになるのですが、すでに相続人同士の話し合いではまとまらなくなっているわけですから、問題なく分割協議が進むときに比べて、時間がかかりがちです。
続きを読む 調停となったときの相続税の申告期限

投稿日:

裁判が起きたときの相続税の申告期限

遺産相続は争いも起きやすいですから、最終的に裁判沙汰となる事例もあります。
このようなときは相続税の申告期限はどうなるのでしょうか?
裁判が起きたときなど、これが確定するまで遺産の分割ができません。
それは客観的にも明らかですから、相続税の申告期限も延長できるものとよく思われるのですが、実は違うのです。
続きを読む 裁判が起きたときの相続税の申告期限

投稿日:

国税庁での相続税申告期限の確認

相続税は自分で税務署まで申告にいくタイプの税金です。
仮に税金がかかる条件だったとしても、税務署や国税庁から申告期限までにお知らせが来るとは限りません。
相続税の申告が必要なときは、自分でその申告期限を調べ、所定の税務署まで申告をする必要があります。
続きを読む 国税庁での相続税申告期限の確認

投稿日:

相続税の計算と申告期限

相続税の申告期限は、起算日から10か月となります。
この間に必要な計算を終え、書類をまとめて申告する必要があるのですが、この10か月という申告期限については、最初に知ると十分に余裕があるものと思われがちです。
しかし実際に相続税の計算をやってみると、意外と余裕がないスケジュールになることも多いです。
この税金の申告期限で見落としやすいポイントですから、よく確認しておくといいでしょう。
続きを読む 相続税の計算と申告期限

投稿日:

遺産分割と相続税の申告期限

相続税の申告期限は基本的に相続開始より10か月となるのですが、この間で遺産分割が終わらないこともあるでしょう。
相続税は相続人同士でどのように遺産を分割するのか、それが正式に決まらないと、正式な税額を確定できない計算式になっています。
つまり10か月の間に遺産分割協議がまとまらないと、相続税を払いたくても払えないのですが、このときの申告期限は当然延ばせるものと思われがちです。
しかし、実はこれができません。
意外とよく見落とされるポイントですから、よく確認しておきましょう。
続きを読む 遺産分割と相続税の申告期限