投稿日:

相続税と贈与税の申告期限

相続税と贈与税は比較的近い関係にある税金です。
相続税対策に生前贈与を考えると、贈与税の対象になったりします。
そして故人がなくなった年から3年以内に行っていた贈与は、事実上の相続財産として、それは相続税の計算に含めるのが基本です。
このように相続税と贈与税は近い関係にあるのですが、その申告期限は大きく違います。
見落としやすいポイントですから、よく確認しておきましょう。
続きを読む 相続税と贈与税の申告期限

投稿日:

調停となったときの相続税の申告期限

遺産相続でもめているとき、相続人同士の話し合いだけではもうまとまらないと思ったら、まず調停を利用することになります。
これは家庭裁判所が間に入り、各相続人から話を聞き、資料なども確認しつつ、分割案について第三者が提案をするものです。
裁判の前段階の手続きになるのですが、すでに相続人同士の話し合いではまとまらなくなっているわけですから、問題なく分割協議が進むときに比べて、時間がかかりがちです。
続きを読む 調停となったときの相続税の申告期限

投稿日:

裁判が起きたときの相続税の申告期限

遺産相続は争いも起きやすいですから、最終的に裁判沙汰となる事例もあります。
このようなときは相続税の申告期限はどうなるのでしょうか?
裁判が起きたときなど、これが確定するまで遺産の分割ができません。
それは客観的にも明らかですから、相続税の申告期限も延長できるものとよく思われるのですが、実は違うのです。
続きを読む 裁判が起きたときの相続税の申告期限

投稿日:

国税庁での相続税申告期限の確認

相続税は自分で税務署まで申告にいくタイプの税金です。
仮に税金がかかる条件だったとしても、税務署や国税庁から申告期限までにお知らせが来るとは限りません。
相続税の申告が必要なときは、自分でその申告期限を調べ、所定の税務署まで申告をする必要があります。
続きを読む 国税庁での相続税申告期限の確認

投稿日:

相続税の計算と申告期限

相続税の申告期限は、起算日から10か月となります。
この間に必要な計算を終え、書類をまとめて申告する必要があるのですが、この10か月という申告期限については、最初に知ると十分に余裕があるものと思われがちです。
しかし実際に相続税の計算をやってみると、意外と余裕がないスケジュールになることも多いです。
この税金の申告期限で見落としやすいポイントですから、よく確認しておくといいでしょう。
続きを読む 相続税の計算と申告期限

投稿日:

遺産分割と相続税の申告期限

相続税の申告期限は基本的に相続開始より10か月となるのですが、この間で遺産分割が終わらないこともあるでしょう。
相続税は相続人同士でどのように遺産を分割するのか、それが正式に決まらないと、正式な税額を確定できない計算式になっています。
つまり10か月の間に遺産分割協議がまとまらないと、相続税を払いたくても払えないのですが、このときの申告期限は当然延ばせるものと思われがちです。
しかし、実はこれができません。
意外とよく見落とされるポイントですから、よく確認しておきましょう。
続きを読む 遺産分割と相続税の申告期限

投稿日:

相続税の申告期限に改正はある?

故人の遺産を相続するとき、相続税がかかるなら、相続の開始より10か月以内に申告をするのが現在の基本です。
しかしこの10か月という期間はもちろん根拠のある期間です。
法令でそのように決まっているから、相続から10か月以内に申告と納税が必要となっているのですね。
ではこの法令が改正されると、相続税の申告期限も変わるのでしょうか?
続きを読む 相続税の申告期限に改正はある?

投稿日:

相続を知った日と相続税の申告期限

相続税の申告期限は、相続が開始されたのを知った日の翌日から10か月以内となっています。
被相続人が亡くなったその日から機械的に数えて10か月ではありません。
これが見落としやすいポイントです。
まずは死亡日ではなく、相続が開始されたのを知った日の翌日から申告期限のカウントが始まることを確認しておきましょう。
続きを読む 相続を知った日と相続税の申告期限

投稿日:

相続税の申告期限の具体例

相続税の申告期限はいつなのか、具体例が知りたい方も多いでしょう。
たとえば被相続人が1月1日に亡くなったとして、その申告期限はどうなるでしょうか?
この例の場合は11月1日となります。
なぜそうなるのかというと、この税金の申告期限は、相続の開始を知った日の翌日より10か月以内となるからです。
続きを読む 相続税の申告期限の具体例