投稿日:

国税庁での相続税申告期限の確認

相続税は自分で税務署まで申告にいくタイプの税金です。
仮に税金がかかる条件だったとしても、税務署や国税庁から申告期限までにお知らせが来るとは限りません。
相続税の申告が必要なときは、自分でその申告期限を調べ、所定の税務署まで申告をする必要があります。

とはいえ、自分でいきなりやれといわれても、どうやればいいのかよくわかりませんよね。
そもそも申告期限がいつなのか、それは国税庁のHPで確認できます。
これは普段から税金の手続きを自分でやっている方ならよく知っていることですが、普段はサラリーマンをしており、税金の申告を自分ではあまりやらない方だと、見落としやすいポイントです。

自分で申告が必要な税金については、いつまでにどういう手続きが必要なのか、それは税金関係を管轄している国税庁の方からお知らせされています。
これらは現在HP上で見られるようになっており、スマホなどで検索するだけでも簡単に調べられるのです。
相続税の申告期限は相続の開始を知った翌日から10か月となるのが基本ですが、これについても国税庁のHP上で正式に案内されています。
正式な規定を一度ちゃんと確認したければ、こちらの国税庁のHPを一度確認してみるといいでしょう。

ただ、国税庁の案内を確認しても、厳密に何月何日までに相続税の申告が必要なのか、よくわからないこともあると思います。
また、特殊な事情があるときなど、申告期限がいつになるのか、お知らせを見ただけでは判断ができず、相談したいこともありますよね。
国税庁にはそのようなときのため、相談窓口が設置されています。

それぞれの都道府県や地域ごとに管轄の税務署とその連絡先が一覧で書いてありますから、相続税の申告期限について、何かわからないことがあればこちらまで相談できます。
直接税務署に行って聞いてもOKですが、とりあえず電話で相談できると便利ですから、このような問い合わせ先もあることは知っておくといいでしょう。
このように相続税の申告期限は、国税庁のお知らせで確認ができます。